FC2ブログ

2013年6月の三弦橋

集めてはいないんだけど、ダムカードのことは前から知っていた。

シューパロダムが完成すると大夕張ダムのダムカードって貰えなくなるんじゃね? と不意に思って晴れた日曜日の午後にシューパロダムインフォメーションセンターへ。南大夕張駅跡(車両が静態保存されている)のとなりにあるのは知ってたんだけど、中に入るのは初めて。

P6232514_R

展示はダムのこと以外にも、鹿島地区の資料とか鉄道の資料とかいろいろあって、三弦橋についても1コーナー設けられていた。係員さんに「三弦橋って見に行けますか?」と聞いてみると、日曜日で休工中のせいか地図で大夕張ダム管理事務所への行き方を教えてくれた(行きたい人はインフォメーションセンターで聞いてみよう)。

P6232515_R

新国道から作業道と思われるダートを抜けると

P6232519_r

お久しぶり! の旧国道452号。もう走れないかと思ってたのに、またくる事ができてうれしいよ。はやる心を抑えつつ、味わうように走っていると

P6232518_R

まえに見たよりも厳重に入口が閉じられている(多分)吉野沢隧道。水没対策なのかな? 更に進むと大夕張ダム管理事務所、いつもの駐車場。

P6232546_R

DSCF0276_R

DSCF0281_R

夏に水没って聞いてる(ソース失念)けど、その頃に湛水試験をやるのかな。三弦橋ばかり気にしちゃってるけど、その下流にもダムに沈む「大夕張ダム」がある。

P6232524_R

水がたまってるのが大夕張ダム、その向こうにある新しい堤体がシューパロダム。ダムがダムに沈むって、話がでかすぎてよく分からない。

P6232532_R

管理事務所からダム提体のほうへ歩いていくと、ガードケーブルの支柱? に「ROUTE452」の文字。ここは旧旧国道452号。ちなみにこの箇所の旧国道452号は

P6232529_R

旧シューパロトンネル。こっちも見ての通りそんなに古いトンネルじゃないんだけどね。奥から涼しい風が吹いてくる+人の声っぽいものが聞こえてくる、ということで、まだ完全には塞いでいないのかもしれない。そんなのを横目にダムへ進む。

P6232539_R 

大夕張ダム提体上部は残念ながら立入禁止。

DSCF0278_R

大夕張ダムの下流側、シューパロダムとの間にあるのは発電所だと思うんだけど、あれも当然沈むんだよね。

P6232545_R

いつまでも見ていたいけど、きりがないのでこの辺で。ココに車を止める次の機会に恵まれるといいんだけど。

P6232558_R

帰り道、新国道にでる場所を迷って千歳町の方まで来てしまった。旭沢橋梁もまだ無事のようだね。上に見えるのは新国道452号。迷いついでに先に進んでみる。

P6232559_r

交通安全都市・夕張市の看板。

P6232560_r

そのちょいと先にある「キリ助」。キリ助は交番(駐在所?)の前にあった、と聞いたことがある。今は道路の両脇とも更地。

P6232562_R

もうすぐ新国道と合流ってところで通行止め。素直にもと来た道を探して今日のところは帰ることにしよう。

DSCF0294_R

夕張岳の方を見ると、付替道路の工事もピークだね。ここまで来たんだから、夕張の市街地方面も行ってみよう。

DSCF0297_R

ゆうばりキネマ街道の1本山側の道路を進むと、

DSCF0299_R

市街地中心部へ向けて降りる、気になる階段。多分、幸福の黄色いハンカチで島勇作が酔ってモメてた階段だと思うんだけどね、ちがうかな。

そんな感じで久しぶりに道道38号経由で帰宅して終了。来月もきたいけど、時間あるかな。

江差線の備忘録

2013年6月9日に木古内駅から江差駅まで駅舎を見て回ったんで、その記録。というか、自分用備忘録。

 

1.木古内駅

DSCF0124_R DSCF0126_R

DSCF0127_R DSCF0131_R

盛んに新幹線工事をやっている。駅の正面入ると連絡歩道の階段があるんだけど、その前に物産的なものを売ってるブースがあったり、農産物を売っていたり、なかなかローカル色が出てて好きな雰囲気。


DSCF0132_R DSCF0133_R

木古内駅の西側に踏切がある。そこには3本のレールがあって、左2本は海峡線。右に曲がっていくのが江差線。


2.渡島鶴岡駅

DSCF0134_RDSCF0135_R

DSCF0137_R

閉校してそんなに時間が経っていない小学校と公園に隣接している駅。待合所裏に公園内の親水用? と思われる川が流れていて良い感じ。


DSCF0138_R

次の吉堀駅まで道道5号とつかず離れず。道路との間に柵がないのどかさ。


3.吉堀駅

DSCF0139_R DSCF0140_R

まわりに数件の民家。待合所はローカル線によくある車掌車リサイクル。


DSCF0141_R

林道以外で「警笛鳴らせ」標識見たの久しぶりかも。次の神明駅までは結構距離もあって、道路と線路の距離が離れている区間が長い。


4.神明駅

DSCF0143_R DSCF0145_R

道道から少し離れたところにある神明駅。駅前の家(?)は人の住んでる気配がしない… けど荒れてる風でもない。


DSCF0146_R

神明駅から道道に戻る時に気づいた。保護色みたいな「神明駅入口」の看板。注意してないと見落としちゃう。


5.湯ノ岱駅

Dscf0147_r DSCF0148_R

DSCF0149_R DSCF0151_R

DSCF0153_R

近くに温泉があり結構大きな集落にある湯ノ岱駅は久しぶりの有人駅。駅正面からみるよりも、ホームから見た駅舎のほうが良い形してると思う。


天ノ川駅

DSCF0157_R

これじゃ何が何だか分からないので、4年前の写真から

DSC_0022_RR DSC_0025_RR

DSC_0026_RR DSC_0029_RR

2009.10 撮影

終わりの時が近いせいか今は駅名標も外しちゃってるけど、ここは「天ノ川駅」というJR北海道が所管していないニセ駅。駅風の何か。こういうのって、いいシャレだと思うんだけどね。


6.宮越駅

DSCF0158_R DSCF0160_R

DSCF0161_R

駅から少し進んで、橋を渡った向こうに集落があるらしい。実際待合所の横の花壇がキレイにしてあって、放置されてる駅ではない事がわかる。


DSCF0162_R

宮越駅から少し道道を走ると、道路沿いにちょっとした集落がある。そこを左に曲がると次の桂岡駅がある。


7.桂岡駅

DSCF0163_R DSCF0164_R

DSCF0165_R

ここも車掌車リサイクル待合所。このタイプの待合所が弱いのは、サビが浮きやすくて風情を感じづらいからかな?


8.中須田駅

DSCF0166_RDSCF0167_R

DSCF0168_R

中須田駅も隣の桂岡駅からそんなに離れてないんだけど、メインストリートからはちょっと外れたところにある駅。昔は駅のそばのほうが町のメインだったのかもね。


DSCF0171_R

ちょうど上ノ国駅を出た列車が走り去っていく所に遭遇。


9.上ノ国駅

DSCF0176_R DSCF0173_R

DSCF0174_R

民家? という感じの上ノ国駅。じつは民家っぽい部分は上ノ国町の商工会館で、駅は右側の一角を間借り(?)している。そして実は北海道最西端の駅でもある。


10.江差駅

DSCF0178_RDSCF0182_R

DSCF0183_R DSCF0184_R

DSCF0180_R

終着、江差駅。久しぶりの有人駅。窓口に「硬券入場券10駅セット販売中」とか書かれているので、お布施代わりに購入。


esashisen_tickets

廃止前約1年前の江差線の様子はこんな感じ。でもよく考えてみると木古内駅から五稜郭駅の間も3セク化するから様子は少し変わるんだよね。ちゃんと見ときゃよかったよ。

プロフィール

でこ

Author:でこ
10数年ぶりに林道に帰ってきたオッサンです。
2007年・2008年の林道探索記録についてはコチラ

バイク関連の記事はここ に移行中


スパムコメントが増えているので、moperaとgmo-isp.jpからのコメント受付を停止中(2015.05.26)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR