尾去沢鉱山跡@秋田県鹿角市 (2016.09)

DSC03656_50v

秋田県の大館市から県道66号へ。

 

DSC03677_50v

鹿角市に入ると「史跡尾去沢鉱山」と書かれた案内看板が出てくる。

鉱山と聞いたからには行かないと。

 

DSC03682_50v

案内看板に従い進んでいくと「黄金歴史街道」の幟。

 

P1020697_G5

観光地化されて坑道見学もできるらしいけど時間に余裕がないのでパス。

 

P1020707_G5

そのかわり資料館に入って勉強。

和銅元年(708年) 尾去沢鉱山発見(伝説)

天正18年(1590) 盛岡南部氏領 (この辺から伝説じゃない)

明治22年(1889) 岩崎家所有。反射炉を設置 (で、のちに三菱系?)

昭和11年(1936) 中沢鉱滓ダム決壊 (怖!)

昭和47年(1972) 三菱金属鉱業→尾去沢鉱山へ分離 (事業清算準備か)

昭和53年(1978) 閉山

と、そんな感じか。

 

DSC_0330_j3

観光施設の東側に炭鉱跡があるっぽいのでそちらも見学。

 

DSC_0349_j3

お、いいね。

 

DSC_0350_j3

閉山から38年、鉱山の処理をしているせいか施設が結構残ってる。

 

DSC_0345_j3

大きい建物。何かの工場か倉庫か(中はからっぽだった)。

 

DSC_0337_j3

分析棟。

 

DSC_0351_j3

山が自然に帰るのはまだ当分先っぽい。

金属系の鉱山は… まぁ色々あるね。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

でこ

Author:でこ
10数年ぶりに林道に帰ってきたオッサンです。
2007年・2008年の林道探索記録についてはコチラ


スパムコメントが増えているので、moperaとgmo-isp.jpからのコメント受付を停止中(2015.05.26)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR