斜里川林道で男鹿の滝を -失敗編- (2017.07)

清里町を流れる斜里川の上流に男鹿の滝というのがある。

林道探索かたがた行ってみよう! と思ったが滝は見られなかった(ネタバレ)。

 

DSC05999_50v

起点の林道分岐。直進が斜里川林道、右がアタクチャ林道と書かれている。

大きな看板には直進方向12kmに男鹿の滝、10kmで江鳶山、右が5kmで緑ダム。

 

DSC06000_50v

斜里川林道を走り出してすぐ古そうな高欄の橋を渡る。

地形図によるとこの橋はアタックチャ川。

 

DSC06005_50v

フラットで走りやすい林道。今のところいい感じ。

 

DSC06006_50v

二つ目の橋。これも橋名はわからないけど斜里川を渡る橋。

 

DSC06008_50v

橋を渡るとすぐ左手に「ペーメン林道」への分岐。

 

DSC06010_50v

橋3つ目。これは橋名板が残ってる。清龍橋か。

 

DSC06011_50v

橋を渡るとまたすぐに分岐がある。「江鳶奥林道」という看板がついていた。

 

DSC06013_50v

だんだん道がガレて狭くなってきたような…

 

DSC06015

と思うとすぐ分岐。左が「ホロカサル林道」直進方向は男鹿の滝の看板が出ている。

 

DSC06016_50v

この林道の法則性が分かってきた。橋(=沢や川)のすぐそばに林道分岐がある。

橋名はわからないけど渡る川はホロカサル川。

 

DSC06017_50v

さて、先へ進もう。


DSC06019_50v

とここでイタドリがせり出してきている区間。車に傷が入るからイヤなんだよ。

 

DSC06020_50v

イタドリ区間が終わると少し開けた場所へ。こういう林道は好き。

 

DSC06023_50v

うぐっ、さっきよりイタドリがせり出してる。ゆっくり進もう。

 

DSC06024_50v

イタドリがないところは大きな蕗かヨモギが頑張っている。

 

DSC06026_50v

っとここで久しぶりの橋。橋名はわからず。斜里川の橋。

 

DSC06029_50v

橋を渡ってすぐに最大級のイタドリ区間。車にあたってイヤな音してるし。

 

DSC06031_50v

砂防ダムでできた水面が見える。水が透明すぎて水の色が見えず茶色い水みたい。

 

DSC06033_50v

砂防ダムから少し進むと右手に分岐。

林道名などは書いていないが二の沢川へ向かっているっぽい。

 

DSC06035_50v

で、その二の沢川と斜里川の合流点付近にある橋を渡る。

 

DSC06037_50v

だんだん林道自体がうっそうとしてきた。

 

DSC06039_50v

斜里川も真横に見える。

 

DSC06040_50v

とここでまた橋。三の沢川を渡る。

 

DSC06043_50v

結構標高が高くなってきた気がする。

 

DSC06049_50v

「↑男鹿の滝へ」と書かれた看板とゲート。まもなくか。

 

DSC06051_50v

ついた、男鹿の滝入口。

 

DSC06053_50v

駐車場には今まで来た方に斜里川林道、これから先に二の沢林道と書かれた看板。

 

DSC06052_50v

ただその二の沢林道は入っちゃいけない雰囲気。 


P1030633_G5

さて、駐車場から遊歩道を数百メートル歩くと男鹿の滝らしいんだが…

 

P1030641_G5

遊歩道は途中で自然消滅… 男鹿の滝、また今度!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

でこ

Author:でこ
10数年ぶりに林道に帰ってきたオッサンです。
2007年・2008年の林道探索記録についてはコチラ


スパムコメントが増えているので、moperaとgmo-isp.jpからのコメント受付を停止中(2015.05.26)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR